さまざまなダイビングに必要な活動や環境で自己研鑽して、実績を積み重ねたことを表わす

ダイバー

マスタースクーバー

一般的には知られていませんが、MSD(マスター・スクーバ・ダイバー)は、さまざまなダイビングに必要な活動や環境で自己研鑽して、実績を積み重ねたことを表わす「ノンプロ最高峰と言われるクラス」と称されます。

どこまでも透明な海の中を気が済むまでふわふわと遊んで、小さな魚の泳いでいる姿と出会うことができる。あたかも夢に出て来るような体験が可能なのがダイビングアクティビティです。
沖縄は温かいのもあって春・夏・秋・冬に関わらず一年を通じて潜れます。ダイバーが行く時期により海の見え方がそれによって見るべき場所が考えなければなりません。
沖縄県名護市に存在するやんばるの森でトレッキングしましょう。準備するものは歩きやすいスニーカー、そして冒険心でしょう。たまには思いきりゆっくり歩いてみてはいかが?

 

観光スポットの美ら海水族館にはなんと世界一を誇る巨大アクリルパネルが設置されています!貴重なジンベイザメ・マンタの種を保存することを念頭に置いた複数個体で暮らす環境作りや白化していないサンゴの大規模飼養は世界でもここだけの取り組みです。
ダイビング講習においては、講習を受ける費用の他にプールでの実習費用や教材費用、実際の海での実習に欠かせない施設の利用料、海までの交通費やホテル代、加えてレンタル器材代なども覚悟しなければなりません。
視力が衰えている人でもマスクをすることによって海中では何でもかんでも1.25倍程に大きくなって見えるので、視力が0.5ぐらいある人だとしたら何ら問題はないと思いますよ。


 

ダイビングに触れ毎日を活動的に変えてみませんか?初めてスキューバダイビングの楽しみを体得するとみんな人生観が違ってきます。
「当然かと思いますが、沖縄の寒い時期の海はずっと先まで見えるものですか?」と言われることがしょっちゅうあります。千葉も夏に比べて冬の方が全然透明感が良いと言われています。
那覇のすぐ近くに存在する港より朝方出て、ダイビングボートを利用して使って慶良間地域のポインに行って、何回かダイビングを行って、午後に帰路に就くツアーが人気です。
ウインドサーフィン(ボードセーリング)は風力で水上を滑るユニークな乗り物である。一回り大きいサーフボードにヨットにあるセイルを装備した物と伝えればピンと来るだろうか。
実践訓練では疲れたダイバーや負傷したダイバーの救援行動水面救援法、水から上がってから直ぐの運搬方法、応急処置などこれぞという知識を全般的に獲得していただきます。


 

ダイビングのエキスパートは「ダイビングの見聞が結構ある」「ダイビングが上級クラス」と言われるというだけではなかなかなれません。
固有の動物や植物、鳥たちなど珍しい希少種も多くいるやんばるの森では、雄大な大自然の営みを実感できるエコロジーツアーが多く行われています。
リラックス効果のある潮騒をBGMにしてくつろいだ気分で散策する素敵な時間を得られるほか、バリエーション豊かなマリンスポーツや環境に優しい催行などもご利用いただけます。